FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今日は久々に戒様とお逢いできました。

戒様から大切なものをお預かりするために伺いました。

もうそれだけでV(○⌒∇⌒○) ルンルンの私です・・(単純馬鹿?汗)



ランキングクリックに協力してね^^
       ↓     ↓
   エログ-(エログランキング)


なんだかんだと御託を並べながら・・・・
結局戒様からのお呼び出しに、尻尾がぶち切れるほど振りまくり
飛んで行ってしまう私・・・・ポリポリ f  ̄. ̄*)

えらそーな事を言っても・・・
これじゃぁ~まったく説得力が皆無だなぁ・・・(^^;;

ま・・・これが私だという事で・・・・(≡^∇^≡)ニャハハ

戒様は今日はお仕事なので、職場の近くまで伺いました。
時間は17時・・・私がついたのは・・・15時・・・

だ・・・だってぇぇぇ~~~~家に居ても落ち着かないんだもんっ!!

あ・・そうそう・・・今日の服装。
黒のタイトスカートに白のブラウス。チェックのジャケット。
中は・・・ピンクのブラにピンクのサニタリーショーツ・・・
色気は・・・・もともと無いのに・・・さらに・・・なし(ノ_σ)クスン
なんせ・・・お月様の日だもの・・・(ノ_σ)クスン

朝から服を調え、シャワーを浴びて体を清めて・・・


o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o


家族の用事でちょっと外に出て・・・・
またシャワーを浴びて・・・


o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o


も・・・いっ!!出ちゃお!!

と・・・3時間近くも早くに家を出るしまつ・・(^^;;
まったく・・・お付き合いさせて頂いて、何ヶ月たってるのやら・・・
未だにドキドキ・・・会うときは緊張がピークになる私です・・・

ところが・・・
「早く終わった。4時にはつくだろう」とメールが・・

ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪

そう・・・たいていこうなるんですよ・・・(笑)
約束の時間より30分はいつも早い。
でも・・・こんなに早くなったのは始めてかな~~(*^m^*) ムフッ
コーヒーのんでゆっくりなんて・・・それほどの時間もなく
待ち合わせ場所に・・にっこりと現れた戒様・・・

(この笑顔にいつもだまされるんだよなぁ・・・・
     いぢわるなのに・・・・・(○`。 ´○)ボソッ)

しばらく歩いてから、喫茶店へ・・・
最近よく話してくださるお仕事のお話・・・
今熱中してる趣味のお話など・・・
戒様のお話を聞く・・・なんて幸せな時間なんだろう。
眼を子供のようにキラキラさせてお話される。
専門用語などがドンドン出てくる。
分からない言葉があると、すぐに突っ込む私。
どうもそれを喜んでくださっているようです^^
詳しく説明をしてくださる戒様。

そこには、私が欲してやまない「本当の戒様」がいた。
小説など素敵な文章だと、ここで
(そしてその彼のそばには幸せそうに微笑むトンがいた)
となるでしょうが・・・・

実際問題・・・そういう綺麗な顔ではなく・・・

















( ̄¬ ̄*)ニヘラ~~




・・・・・


これが現実ということで・・・・・・(TεT) ドウセ・・・

しばらくそこでお話して・・・
居酒屋に場所を移動。

戒様とお食事させていただくのは、これで何度目だろう??

戒様とお話しながらフッと一番最初のお食事を思い出していた。

初めて戒様とお食事したのは、とあるラブホの一室でした。
コンビニでお弁当を買った戒様。
私は緊張で食べれないと思い、おにぎりを2個。
後々、それがベストの選択だったという事に・・・

お部屋に入った戒様は、ご自分の買ったお弁当のふたを床に置き
私のおにぎりを細かく分けてそこにおいて・・・

「さっ。飯だ」
ナニを意味しているのか直ぐに察しがついた私・・・
でもとっても恥ずかしかったことを思い出していました。

それが最初にご一緒したお食事・・・
戒様覚えていますか?

こうやって目の前で同じテーブルで頂かせてもらっても、
気持ちはあの時と同じ・・・
戒様は分かっておいででしょうか?

3時間ほどでしたでしょうか?
お酒を飲みながら・・・おつまみをつまみながら・・・
戒様との話は尽きることなく・・・
お話が途切れても・・・その時間ですら嬉しくて・・・

話をするのが苦手な私の話をじっくりと聞いてくださって・・・
私がまとめられなくても、まとめてくださる^^;;
安心しきってなんでもお話してしまってます・・・(^^;;
仕事での愚痴も聞いてくださいました^^;;
って・・・私が戒様のを聞く役目のはずが・・・・・・・( ̄  ̄;) うーん
やっぱり駄目な・・・・奴隷でございます・・・・゚゚・(×_×)・゚゚・。

お会計を終わって・・・エレベーターへ・・・
それまで全く戒様に触れていない私・・・
もう我慢の限界です・・・

もちろんお化粧がお洋服に付かないよう、頭だけなんですが・・・
思わず抱きついちゃいました・・・(///∇//)テレテレ

戒様は・・・そっと私のほうへ手を伸ばされました・・・・













ムギュッ!



おっぱいを強く捕まれました・・・
痛い・・・
そう思った瞬間・・・

あぁん・・・

焦って口を閉じましたが・・・恥ずかしい・・・(//・_・//)カァ~ッ…

エレベーターを降りた戒様・・・
駅のほうへ向かうのかと思ったら・・・
逆のほうを歩き出しました。

あぁ・・私が欲してるの・・・わかっちゃったかなぁ・・・
思わず下を向いてしまう私・・・

戒様はニヤリと笑うと

「咥えたいんだろ」

ヽ(TдT)ノアーウ… ばれてる・・・(当たり前?)

程なく歩いたビルの谷間の一角・・・
戒様はかばんを置かれました。
膝を付いて・・・下から咥えた私・・・
戒様のは半立ち状態・・・
もしかして・・・抱きついた私に・・・
掴んだ私の垂れた胸に・・・
欲情してくださったのかしら?

久しぶりの感触に・・・頭がホワァン・・・
今日は下の口は使っていただけないから・・・せめて・・・上の口で・・・
そんな私の思惑などあっという間に吹っ飛びました。

私の髪を掴んで、激しく動く戒様。
むせ返るような苦しさに感じてしまい・・・・
逝っちゃいました・・・・
必死にそれを隠して舐めてる私・・・
足先の痛みに耐えかねて、中腰になった私。
見上げて戒様に聞きました・・・

「下からがいい?上からが気持ちいい?」

「下がいい」

改めて膝をついた私の髪を掴んで離さない戒様。
喉の奥に戒様のが当たるのが分かります。

おぇぇ・・・

奥で頂くと嗚咽が出てしまいそうになる・・・
それを我慢して咥えさせていただくのが好き。。
この息苦しさに私はまた、気をやってしまいました。。。。


「いくぞっ!」

そう言った戒様の動きが早くなり・・・・
のどの奥深くに暖かいものが・・・

一気に飲み込むなんて・・・そんな勿体無いことはしません。
戒様のをお掃除してるように見えて・・・
ぢつは・・・
味わっていたりして・・・・(/ー\*) イヤン♪


口の中で小さくなっていく戒様を感じるのが嬉しいの・・・
ずっと・・・こうしていたい・・・

そんな私を引き離そうとする戒様・・・(-""-;)ムゥ・・・・

(>_< )イヤッ( >_<)イヤッした私を引っ張り引き離されてしまいました(ノ_σ)クスン

「さ・・行くぞ」

あうぅぅ・・・・戒様のばかぁぁあ!!!

ちょっと力が入らないんだからぁ・・・(/ー\*) イヤン♪

よたつく私を引っ張りあげた戒様。

気持ちよかった?

「ああ。気持ちよかったぞ。お前も気持ちよかったみたいだな」

うん・・・逝っちゃった・・・

「ああ」

隠してたんだけど・・・

「俺に隠しきれるわけ無いだろう」

分かるの?

「ああ。分かる」

そんな会話にも恥ずかしくて感じている私・・・(/ー\*) イヤン♪


そして・・・帰る時間になってしまいました・・・・
本来の今日の目的である品物をお預かりして・・・
今日は会社の近くなので・・・
あまりピトッと最後までご一緒できません・・・
早々にお別れの時が・・・(ノ_σ)クスン

お疲れ様でした(って・・・私が疲れさせてる癖に(^^;;)

「ああ」

お別れのときはいつもたった一言の戒様・・・

あぁ・・さみしいなぁ・・・・
でも・・今回は明後日も逢えるんだから・・・
分かっていてもやっぱりこの瞬間は嫌い。

家について・・・コーヒー片手にブログを書き始めた時でした。

♪~~♪~~~♪♪~~

戒様コール
戒様がお電話を下さったんです。
よっぽど私が置いてきぼりをくったような
変な顔をしていたのでしょうか?アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
気を使わせてしまったのかしら・・・(_ _。)・・・シュン
でも・・・でも・・・・うれしくて・・・うれしくて・・・

そして・・・最後の「おやすみ」を言いたくなくて・・・
でも・・・お疲れをさらに疲れさせた駄目駄目な従者は・・・
ゆっくりと休んでいただきたくて・・・
でも・・でも・・・・

電話を切った後・・・
あぁ・・・この履歴は消したくないな・・・
なんて履歴を見ている私です・・・


あぁ・・馬鹿・・・(_ _。)・・・シュン


2006.10.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。