FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
このブログをはじめていろんな方とお友達になりました。

大体M女性が多いのですが、
また覗き逃げ(笑)のブログさんもたくさんあります。


その中で、必ず上がるのが「主従」と「恋愛」

えらそうですが・・・私の考えを書いていきたいと思います。

ただ、これは私の想い。
正解ではありません。
違うと思われる方も居ることをご了承ください。


「主従」と「恋愛」は別物なのか?


Mなら一度はその壁にぶち当たる気がします。

私が今の感情に行き当たるまでにいろいろあったと思います。

まぁ・・・正直覚えてないっていうのが現状なんですよね。

ただ・・・「愛している」と言った事ありませんでした。

まぁ・・・私はテレ屋だし、そんなこと言ったり言わされたり・・・

想像だけでも恥ずかしすぎます(笑)

今も面と向かっては言った事ありません(〃∇〃) てれっ☆

考えるだけでお尻がむず痒くなっちゃう(笑)

ただ・・・はっきりした思いはあります。

私は愛し、尊敬する人以外は主としないということ。

「奴隷の癖に愛を語るなど生意気だ」
「奴隷に愛を語る資格は無い」

そういうSさんもいらっしゃるでしょう。
「主従」と「愛」は別だとはっきり言う方もいるでしょう。

それはその方のお考えで、間違いとかそういうのは無いと思います。
その考えの方にお使えしている方たちの捕らえ方もあるでしょうが・・・

私はというと・・・

はっきりいえますね。

「愛してます」

でも、それは普通の女性の愛し方とは違います。




愛しているから・・・・・やさしくして欲しい?

いいえ。時には叱って下さる強い方が好きです。
やさしいだけの方は好きではありませんし、
厳しいだけの方も苦手です。



愛しているから・・・・生活も共にしたい?

いいえ。愛しているからこそ、今の距離感がいいのです。
生活することは、私の経験上、大好きな人が大嫌いになるから。
大好きなのがもっと大好きになるために、この距離がいいんです。



考えてみました。
私は今の立場で今の場所からできる全てを賭けて愛してます。
戒様の全てを知りたいとは思います。
でも、全てを知ったからといって、私が入っていくべき場所なのかは
きちんと見極められると思うんです。

黙って遠目で見つめるだけでもいいんです。
その時は私は戒様の頬をなでる風になりましょう。
お疲れで火照った体を冷ましましょう。
私は戒様の周りにある空気になりましょう。
見えなくても無くてはならない物になりたいのです。

だから申し上げたことがあります。

戒様の全てを教えてください。
私の全てをお見せいたします。
だからといって、この場所から一脱する事はありません。

戒様は一言

「わかった」

そう仰られました。


それからだと思います。
いろんなことをお話してくださるようになりました。

「嫉妬しないの?」

とある方に問われたことがあります。
私はこのようにお答えいたしました。

「いいえ。嫉妬どころか、お話くださることが嬉しいのです。
 私だって嫉妬はしますけれど、
 嫉妬のポイントがずれているのかも?」

その時、戒様は静かに優しく私を見つめていてくださいました。
それを感じたときに、私はこの上なく幸せだったんです。

その人はそれをみて「ラブラブのカップルだね」と仰られました。


そうです。
そして、ある一定の距離があるカップルです。
それでも私を理解してくださる方を主としている私は
なんて幸せなんでしょう。

ずっと一緒にいる事・・・それが全てでしょうか?
それをする事によって得られる事もたくさんあるでしょう。
でも、する事によって無くす事もあると思います。
私は全てを得たい。
だからこそ、この距離は必要なんだとそう思ってます。


私は人より我儘で身勝手なんでしょう。
そして、誰よりも欲張りなのです。

全てを得たい、何も無くしたくない。


だからこの距離が必要なのだと、
気がつくのに、どれほどの年数が必要だったのでしょうか。
今まで出会った人達と、私は勉強し、戒様で結論を得られた。

だから今までの時間が無駄なのではなく、
今、この時に出会えた事は偶然ではない。

小さなことが嬉しく、
些細なことが悲しく、
一喜一憂しながら、お側に居させて頂く事の喜びを感じます。

これが私の私としての戒様への「愛」です。

そして私が欲しているものは

戒様の目。
私を理解し見つめてくれる目。

これを得るためになら、どんなことでも厭わないでしょう。

私のこんな重い想いを・・・時にはご負担になるだろうに
大きい器で包み込んでくださる戒様に感謝いたします。



戒様。
お疲れのとき、
私でお休みください。
私は全てのことから戒様のご休息をお守りいたします。

戒様。
誰にも言えないその想い、
私にぶつけて下さい。
私は全てを吸収する土となりたいのです。

戒様の一喜一憂、
それを共に感じさせてください。






戒様の私にしか見せないその悪魔な笑顔・・・

私だけの宝物。。。

2006.12.12 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。