FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
なんとか・・・風邪は落ち着きを取り戻しています^^;;
ご心配おかけしてすみませんでした。

さて・・また続きを書いていこうと思います。



綺麗に赤くなってるな

戒様のお言葉が遠くに聞こえていた・・・


戒様は赤くなった私のお尻を一撫でし・・
私の中へゆっくり戒様が入ってきた・・・

あ・・ふ・・うぅぅ・・・


戒様はまるで私の中を確かめるようにゆっくりと動いた・・・


そしてすっと・・・私の体から抜いた・・


あ・・・・

抜かれて・・・瞬時に思い出した・・・

あ!・・・血・・・

あわてて戒様を見たけれど・・大丈夫のようだ・・・

念のため・・・戒様のを口で清める・・・


デザートを食うぞ

そういって戒様はソファーに座られた。

私はあわてて冷蔵庫にしまってあったゼリーをお出しした。

戒様はいぢ悪な性格に似合わず甘党である。

私もご一緒しながら、8月に戒様からご招待していただいた
催し物のお話をしていた。

ふと見たら戒様のTシャツが汗でぬれている。

戒様・・汗かいてる

ああ。お前も少し汗かいていたぞ

ちょっと部屋が暑かったんですよね~
エアコンのセットをし直して・・・

汗かいたのならちょうどいい
また、軽い運動を教えてやる


ところが・・・教えて頂いた運動・・全然軽くない(;´Д`)

一汗したところで・・・シャワーを浴びた。

戒様が先に入っておられる間にお片付けをして・・・交替で浴びる。

出血は・・・・まだ少し・・・どうしよう・・・

そっと出ると戒様はベットの上で大の字になられていた。

近づくと髪を引っ張りながら導いてくださる。

口を開けると・・・戒様のを包み込んだ・・

あぁ・・・本当に久しぶりの戒様のもの・・・

そう思っただけで頭の中が真っ白になった。

あ゛・・う゛・・・ぐっ・・

どのくらい戒様のを口で味わっていただろう?

戒様は私の腰を抱え・・・私を上に乗せられた。


ぐっ!!!



一瞬にして戒様のが奥まで突き上げた。


あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!!


正直・・・このあたりはよく覚えてない・・・
頭が吹っ飛んだようで・・汗

戒様のお言葉で我に返ったの・・

お前出血してるぞ?大丈夫か?

ハッと気がつくと・・・戒様のが血で赤く染まっていた。

頭から血の気が引いていく。

子宮筋腫のか?

頷いて必死に私は口で戒様のを清める。
涙が・・・戒様の陰毛に落ちる・・

どうして・・どうしていつも私はこうなんだろう・・・

いつもいつも・・・なぜダメなんだろう・・・


ごめんなさい・・・・ごめんなさい・・・

戒様は私の頭をなでると

仕方ないだろ。さあ風呂に入ろう

そう戒様は立たれた。
でも・・・私は立ち上がることができなかった。
涙が止まらない・・・

戒様は入り口で私を振り返り、ジッと待っている。

行かなくては・・・


涙を拭い、持ってきたボディーシャンプーをもって戒様の元へ急ぐ。

でも・・・戒様のお顔を見る事が出来ない・・・

胸がつぶれそうだ・・・

このまま・・・消え入りたい・・・









2007.07.20 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。