FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今日は仕事納め・・・
皆さんは今年はどうでしたか?


゚・*:.。. .。.:*・゜★゚・*:.。. .。.:*・゜



ジャラッ!!!・・


金属的な音がしたと思ったら、首がさらに重くなった。
見上げると戒様が鎖のリードを持たれていた。
それは・・・私の首輪につながっている。

あ・・ああぁ・・・・
首筋を冷たい鎖が愛撫をする・・

戒様の手のぬくもりが私の首にかかった。
首輪をさらにきつく・・戒様がしめなおしてくださる。

苦しくないか?

声がでない。
体全体がしびれる感覚に軽く逝ってしまった。

コクッ

私がうなずくと戒様は立ち上がられた。

ぐっと鎖を・・・鎖のリードを引っ張られる。
私は導かれるまま四つん這いで歩いた。


夏だったら外を散歩できるのにな


くっくっくっ

戒様は低い声で笑われながら部屋をぐるぐると回る。

ションベンしてくるからここで繋がれてろ

戒様は外へのドアのノブに鎖をつなぎトイレに行かれます。

一人にされた不安と、ドア一枚で外だという不安と
首輪と鎖の重さに私は翻弄され・・目舞がしそうです。

トイレから出られた戒様はまた鎖を手に取り部屋に戻られました。

部屋の隅にあるハンガー掛けに私をつなぎ仰いました。

少し放置だ(笑)

そう仰ると戒様は私から離れてソファーに座り煙草に火を付けられます。

そして煙草を吸われながら私をじっとご覧になってます。

私はもうそれだけで全身に痺れを感じ震えてました。


いやらしい顔だ


2007.12.28 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。