FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
お前の下着を持ってこい



え?し・・下着??パンツ?


そうだ



え?え???
な・・・何するの???



恐る恐る持ってきた私・・・

履くのかしら・・・?なんて・・・(-m-)ぷぷっ

奪い取るように戒様が・・・
みて・・仰った


なんていやらしいパンツだ




黒の総レース。

戒様はそれを指でくるくるとまわされた。

や・・はずかしぃ・・・

思わず伸ばした手をはたき落とす戒様。

そして戒様の御棒にその下着を巻き付けた。

見てろ。お前の下着がどう扱われるかを。

そう仰った戒様はそのままご自分でマスターベーションを。。。

熱くそそり立った戒様の御棒に巻きつく黒いレース。
なんて・・なんて・・ああぁ・・

戒様は首輪を持ってひきつけられる。
あまりの恥ずかしさに目をそらそうとすると

きちんと見てろと戒様がそれをお許しにならない。

戒様は私の髪を引っ張りその上から巻きつけられた。

そして手が激しく上下に動く。

見てるだけで感じてしまう・・・

ああぁ・・

思わず御玉を含んだ。

戒様の熱い体温にめまいが・・

黒いレースを周りに巻きつけ・・御棒を口に含んだ。
手と指と口と舌で・・すべてで戒様を感じていた。





しょんべんがしたいな

戒様は私をご覧になりながら仰った。
戒様が何をご希望なのか・・・私にはわからなかった。

え?!

しょんべんだ

そう仰ると首輪を私の首から外されて、髪の毛を引っ張ってお風呂場へ・・・
私は髪の毛がリードとなり四つん這いで戒様の後を・・
というより引きずられた状態でお風呂場についた。


















結局年越しになりそうな・・・汗

2007.12.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。