FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
うぅ・・・終わるのだろうか?
(-""-;)ムム・・・


‥…★‥…★‥…★‥…★‥…★‥…★‥…★‥…★

ひっ・・あ・・や・・ああひぃ・・!!!


久しぶりの恐ろしい程の快楽から逃れようと体をひねるも
戒様の力強い腕が私をとらえて離してくださいません。


くっ

戒様の動きが一段と早くなってきた。


ひっ・・あ・・や・・やぁぁぁ・・!!!


私の壺がグチュグチュと悲鳴を上げている。


あ・・いく・・・・

と・・その時、戒様はすっと私の涎の溜まった壺から出て行った。


あ・ぁぁ・・かい・・さ・・ま・・

無言で戒様は髪を引っ張って私を引き寄せられた。

目の前に私のいやらしい匂いを纏った戒様の御棒が・・・・

クラクラするほどのいやらしい匂いと戒様の熱い御棒が私を誘う。
小さな口をあけ御棒を頬張る。

あふぅぅん・・

私は御棒を上の口に収めながら逝ってしまった。。。

そんな私を無視し、戒様は私の口の奥まで突きたてる。

ぐ・・ぐぅぅえぇぇ・・・


口内が小さい私はすぐに嗚咽してしまう。
それでも必死に咥える。


戒様は私を引き離し、ベットに突き飛ばした。


また戒様が後ろから入ってくださった。

くぁぁああああぁ!!

戒様が背中を押さえつけ、さらに奥に・・・


もう何がなんだかわからなくなっていた時に
一段と戒様のが私の中で膨らんだ。




くぅぅ・・・あぁ・・
くっ・・



戒様の大切な体液が私の中を焼き尽くしました・・・

しばらく中にいて下さった戒様がすっと抜かれました。



トロォ・・



壺からあふれ出るのがわかります・・・・


戒様は傍にあった私の黒の下着を手に取り、











あふれ出た体液を拭きとられました。。。


そしてそのまま穿けとご命令になりました。





そのまま・・戒様のを中に収めながら下着をはきました。

先に拭かれた時に着いたのが少しひやっこい・・・











とうとう時間になってしまいました。
戒様は軽くシャワーを浴びられ、お着替えに・・・

私はグラスなど持ってきた物のお片付け・・・




そしていつもの場所・・・
いつもいつも・・・この瞬間が大嫌い・・・

なのに戒様はいつもあっさりと帰られるし・・・(_ _。)・・・シュン




気をつけて帰れよ





戒様は一言・・・その一言を残してお帰りになりました。







戒様・・・
本当にとっても嬉しいプレゼントありがとうございます。
この首輪とリードの重さ・・・
胸にズシンと来る感じがします。




戒様・・・

戒様のワンコ奴隷として・・・
今年もよろしくお願いいたします。






















゚・*:.。. .。.:*・゜★゚・*:.。. .。.:*・゜★゚・*:.。. .。.:*・゜★



( -.-) =зフウー


や・・・やっと終わった(;´Д`A ```

予定外にグルグルが入ったため・・・
さらに少し忙しかったため・・・(は言い訳?!)



でも終わってよかったぁぁ~~汗


皆さんのブログに回れなくてごめんなさい。

後日まわりますのでよろしくお願いします<(_ _)>


2008.01.16 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。