FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
戒様からチェック入っちゃいました(; ̄ー ̄川 アセアセ

「俺の話し方と違う」って・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

戒様曰く「常にリアリティを追求している小説だから面白いんだ。 」って。

うん・・・うん??!!
こ・・・これは私の妄想であって・・現実に起こってないし・・
え?!??
「小説は消さずにとっておけよ」
え?!!ど・・・どういうことだぁぁぁ??!!

ま・・またこの悪魔は・・よからぬ事を考えてるのぉぉ??!!


ランキングクリックに協力してね^^
       ↓     ↓
   エログ-(エログランキング)



訂正された文章は・・下から入ってね
「や・・やめ・・戒様・・ああぁ・・」

ふん。やめて欲しいのか?」
かすかにほくそえむ戒様。

「は・・はい・・お願・・・い・・・」
うっすら目を開けたまま、口を半開きにして 物乞いをするトン。

「やだね」

その時の戒様の顔は満面に悪魔の微笑みをたたえている。
そんな笑みを全身で感じると、恥ずかしさが快楽に変わってきた。

「あ・・あぁ・・あふぅ・・・」

押さえようと思っても、腰が勝手に円を描くように動いてしまう。
それでも、そんな恥ずかしい事を必死で押さえようとした。

(笑)。まだプライドが残っているようだな。
 剥ぎ取ってやらないとな」


そういうと戒様は私の足を高く上げて、頭の方へ持っていった。
そう・・・まんぐりがえし状態。
私の割れ目も恥ずかしい菊門も完全に丸見え状態。
後ろ手で拘束されている私。抵抗するにも力が入らない。
それでも出来うる限りの抵抗を試みる。
戒様は暴れる私の足の上に後ろ向きにまたがってきた。
戒様の顔は恥ずかしい穴達の方に向かっている。

「恥ずかしいな・・・・見ろよ。
 ナニもしてないのにアナルがヒクヒクしてやがるるぞ。」

楽しそうに声を出して笑う戒様。

ふぅ~と息を吹きかけてくる

ゾワワ・・・・・
全身に鳥肌がたったように快感が走る。

「あ・・あうぅぅ・・いやぁぁ・・・・」

「そうか。嫌か。俺は嬉しいぞ」
さらに大きく笑う戒様。

戒様はトロ~~~とローションを菊穴に垂らした・・

「ひゃぁ~~」

飛び上がる私。
それを戒様の体重が押さえつける。
戒様の指が菊の花をなぞるようにローションを塗りつける。

「あ・・あ・・や・・・ああぁ・・・」
もうかなり息が上がっているトン。

中途半端な快感がお尻からゾワゾワと広がってくる。
もどかしいような、不思議な感覚に翻弄されていく。


「そういえばお前は快楽が怖いと言ってたな。何故だ?」

「あ・・・・あうぅん・・・」

(笑)。答えられないか。電源を切ってやろう」

やっとバイブがおとなしくなってくれた。
抜いてくれるのかと思ったら、再度奥までぐっとセットし直す戒様・・・

「さあ。答えろ  早く!!
指で菊穴をゆっくりとマッサージをしながら、
時折ズブッと指を入れて戒様は問いかける。

「あ・・あぁ・・だって・・・どうなっちゃうのか・・・」

「どうなるって?」

「変になって・・もしかしたら・・・・あぁ・・
 粗相とかしてしまって・・・嫌われたくない・・から・・・」


「お前は馬鹿だな。
 訳がわからなくなって狂ってるお前見たいんだよ。
 粗相をし、恥ずかしくて泣いているお前を見たいんだよ。」

高笑いをしている戒様。

「や・・そんな・・・・」

「嫌か~(笑)でもお前が嫌がって困ってる顔が可愛いんだよな俺は好きなんだよ

そういうと、戒様は髪をつかみ私を引き寄せた。
暖かい戒様の唇が私の唇を包み込んだ。
私は拘束されてることも忘れ、その柔らかい暖かさに酔った。
あぁ・・・幸せ・・・

そんな私の気持ちを察してか、グイッと引き離した戒様。
ニヤリと不適な笑みを浮かべて私の瞳をのぞき込んだ。

「俺は優しいからな。お前のダイエット手伝ってやるよ(笑)
 お前がおびえてる快楽の本当の怖さを教えてやる。
 俺の好きな可愛い顔やらしい顔を見せてくれよ」


まるで蛇ににらまれた蛙のようだ。
先ほどまでの幸せな気持ちは吹っ飛び、恐怖で体が動かない。

「あ・・あ・・・・」





☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。



どこが直ったか分かります?

「俺の話し方を理解していないなんてまだまだだな。
 俺はお前の反応や話し方は大体理解してるぞ?」

ふえぇぇ・・・ごめんなしゃい・・


つうかぁ・・・どうせ私は可愛くないわいっ!!!"p(-x-〃) イジイジ
妄想の文章だから入れたのに(笑)
でもさぁ・・リアリティにねぇ・・あうぅぅ・・・(T.T )( T.T)おろおろ


2006.03.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。