FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
うふふ~~~(*^m^*) ムフッ
今回もとても嬉しい逢瀬でしたw


とりあえず・・・最初の逢瀬から書いていきますので~昨日のは少々お待ちを・・・(;^_^A アセアセ・・・





♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡


でも・・後から考える・・・

わからないほど・・・私との関係が普通の・・
戒様の普段の生活にも入っているという事だろうか?
なんでもなく・・いきなり電話をする私ではないことは戒様は承知してくださってる・・
(と思う・・w)
だから・・普通のなのかなぁ?


なんだか・・それすらも嬉しい。


んもぉ・・・1人で興奮・・大騒ぎ。


やれやれ ┐(´-`)┌ まいったね

その二日後の木曜日の朝・・・すでにタバコは我が家に到着!はやっ!!
というか・・・気が付いたのは朝・・・たぶん水曜の夜に来ていたと思う。

朝起きたら・・・机の上にあった(笑)

まぁさ・・・ずっと最近夜遅いからなぁ・・・・……(-。-) ボソッ

すぐに戒様にメール。届いた旨をお伝えした。
そしたら・・・


「事件です」


まぁ・・これに書きましたね^^;


仕事を必死にこなした土曜日。
それでも・・会社を出たのは7時近く・・・


もぉ・・・必死です。。。
警察さんが居なかったのがせめてもの救い^^;;

戒様も少し御用があって遅れたのも救い・・アー神よ!!ありがとぉぉ!!


本当に10分ほど先に付いた感じ。

落ち着く暇もない・・(;´Д`A ```

今回はまったく時間的余裕がなかったので、ケーキも焼けなかったのよねぇ・・・

毎回、必ず何かを手作りをお持ちしてたのに・・・(ノ_-;)ハア…


コンビニでいつものカフェオレを購入。

車に戻って運転席に座ったら・・・横に戒様の車が入ってきた。

ひぇ・・ホントに_( -"-)_セーフ!

すぐに外に出て、ドアを開けてお待ちした。


戒様はすっと助手席に座られる。


どうされますか?


すこし走ろうか


戒様のご指示で車を出した。


グルグルとドライブ・・・・

色々なお話をする。


以前行った道の駅に到着。



舐めてもいいぞ


戒様はシートを倒し・・・ズボンを下ろされた。


私の眼はもうウルウル・・・
戒様の

いいぞ


というお言葉の前に・・・もう口に含んでいた。



しょうがない奴だな(笑)


そんな戒様のお言葉に身体が震える。

戒様が私の垂れた胸をつかまれる。

それが合図のようにムクムクと力が入る戒様の御棒。。。

戒様の御棒・・・
それをくわえてる・・それだけで私のはしたない淫壺は潤っていた。


あふぅぅぅんぅん・・・

口からの呼吸が不可能なほどの戒様の御棒で・・口だけで逝ってしまいそう・・・

戒様は私の髪をむんずとつかむと口で呼吸をしようともがく私をお許しになりません。

ぐぅぅぐっ・・・


息が止まるほどに・・・
でもその息が出来ない感覚が好き・・・

身体がゾクゾクと震えが止まりません。



あふぅん・・


鼻からの呼吸と共に・・・変な声が出ちゃう・・・



上に乗れ


戒様のお言葉に・・・ストッキングと下着を脱ぎました。

そっと・・戒様の上に失礼しました。

すでに潤っている私の淫壺に戒様の御棒をあてがいました。


ヌチャッ・・・


イヤラシイ音が私の股間から・・・

戒様は私の腰をお持ちになり・・ぐっと引き寄せられました。


はぁぁひぃ・・

悲鳴なのか・・・?それとも喘ぎ声なのか・・・?

私が上だと・・・否応なく御棒が奥まで突き刺さる。

突き抜けるほどの快感に恐れをなす私は腰を浮かそうとするが・・

戒様の手は私の大きいお尻をつかみ・・それをお許しにならない。

自然に動く腰と・・・揺れる車体に翻弄されてしまう・・・

その上戒様は下から突き上げる事で・・・

全身が・・・終りのない快楽自国へと落ちていきました。。。。




いくぞっ!


戒様の呼吸が荒くなり・・・私のお尻をギュッと握られ・・・
そして・・・・・・



私の淫壺の・・・一番奥に・・戒様の聖液が・・叩きつけるように放たれました。


あ・・あふぅぅ・・・

しばらく戒様の御棒の感触を確かめるようにしていた私・・・


戒様のお顔に私の顔を近づけ・・・お願いしました・・・


戒様・・・戒様の聖液を・・・持って帰っていいですか?


ふっと笑みをこぼされた戒様は仰いました。


ああ。いいぞ。


お許しを頂いたので・・・先に下着をはかせていただきます。

こぼれたら・・もったいないもん・・・(*μ_μ) イヤン♪

パンツをはいたら・・・戒様が


ほら・・ちゃんときれいにしろ

と私の頭を引き寄せられます。

もちろんっ!!一滴たりとも残しませんとも・・・(/ー\*) イヤン♪

戒様の御棒から抜き取った時に少しあふれて、戒様の太ももに落ちていた聖液。。


ゆっくりとなめとりました。

それから・・戒様の御棒に付いているのを・・・

パクリと・・・


あぁ・・私の淫汁の味と・・戒様の聖液のお味がします・・・

ゾクゾクする感覚をしばらく味わっていたら・・・


もぉいい


戒様はそう仰って私を引き離されました。


o(T^T)o

もっと・・味わっていたいのに・・・・




ゆっくりと身体を起こすと・・・戒様はズボンをはかれました。


ストッキングをはく私・・・

本当は外で履いた方が早いしちゃんと履けるんだけど・・・

ここは道の駅・・・無理っす(;´Д`A ```

戒様にそう申し上げると・・声を立てて笑われてしまった~Σ(´ρ`;)


一服した後・・・待ち合わせ場所に戻る。

私は明日も仕事・・・
だけど・・とても仕事で嫌な事もあって・・いやだなぁ~って言いながら^^;
戒様は
お前が間違ってる事をしてなければ、大丈夫だ。
少なくても俺が居る。



泣きそうです・・ほんとに・・・泣




待ち合わせ場所の駐車場につく。

今回の本来の用事の電子タバコをお渡しする。
もちろん私は箱を開けていない。
戒様に直接開けて頂きたかったから・・・


戒様は中身をとり・・・時間も遅かったのですぐにお帰りになる。


気を付けてかえれ。今日はご苦労だった。



帰りたくないよ・・・

本音を飲み込んで頷く私。。。


戒様の車が見えなくなるまで・・・お見送り。


はぁ・・・戒様・・・


もう・・お逢いしたくなる。。。

たった今お別れしたばかりなのに・・・


寂しい思いを抱えながら帰宅した。










♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡

さて・・・
とりあえず一回目の逢瀬の終了。


次もまたありますのよ。
頑張って書きますぅぅ!!!


12時に帰ってきて書いたので・・ちょっと支離滅裂で文章が変かも^^;
それは・・許してね。

明日はやっと休み。
ゆっくり戒様を思いながら寝よっと・・




2010.03.22 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。