FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
あぁ・・・ほんと・・サボっててごめんなさい。(;´Д`A ```



続きです・・・



♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡





戒様と・・・本当は・・・お仕事でご一緒したいと思ってる事は・・・戒様もご存じ。


夢かもしれないけれど・・・
さて・・・



戒様は私が落ち着くのを見てパンツを脱ぎ捨て、ベットに大の字になられました。


下着を脱げ

私はパンツだけを脱いで・・・ベットに四つん這いになり・・・御棒に顔を近づけます。



口に含む前に・・戒様は私の髪をつかみ・・・ぐっと引き寄せられました。



ぐぅぇぇ・・・



喉の奥に戒様の御棒が私の呼吸を妨げます。



思わずo(>_< *)(* >_<)o ジタバタする私を含み笑いでご覧になる戒様^^;;



ほら。しっかり舐めろ(笑)



戒様は返事すらお許しにならないほど髪をつかんでお放しになりません。




しばらくお逢いしてない私・・・
そしてo(>_< *)(* >_<)o ジタバタしながら話した話の内容などで・・・
私の体は触れられるだけでしびれるほど感じていました。


そして・・・・


戒様の御棒もすぐにお力を増して・・・苦しいほどでした。


乗れ



戒様のご命令で・・・戒様の御棒をまたぎ・・私の淫壺の口にそっとあてがいました。


戒様は太い私の腰を抑え・・ぐっと中に入ってこられました。



なんだ。すでに濡れてるじゃないか(笑)



だって・・だって・・・ずっと・・お逢いしたくて・・・もう・・・すぐに感じてて・・・



だから、こんなにグチュグチュなのか。イヤラシイ奴だ(笑)



そうなんです・・・
ほんの少し・・・戒様が上に突き上げただけなのに・・

まるで自分から飲み込むように私の淫壺は戒様の御棒をのみ込んだのです。



だって・・・ああぁん・・・


もう・・・私の腰は私の意志を無視して勝手に動き出します。

そして・・時々くる戒様からの思いっきり突き上げる快感に・・・・

私が持つはずもないのです・・・


ああぁぁっ!!!



あっという間に高みに押しやれれる私・・



戒様は何度も何度も私に苦痛なほどの快感を与えてくださいます。


か・・・戒様ぁぁ・・・また・・・あぁぁ・・・



まだだ!




あぁ・・ひぃぃぃ!!



何度高みに押しやられたのか・・・最後には悲鳴に変わっていました。



すっと戒様が私の体の中からいなくなりました。


苦痛になるほどの快楽だったのが、急に亡くなるとまたそれを求めて私の腰が
私の淫壺が・・・戒様の御棒を探し求めています。


舐めろ




戒様は探し回る私の淫壺を抑え・・上の壺を御所望されました。



口に含むと・・・戒様の匂いと・・・私の淫汁の味がします。



戒様・・・いやらしい匂いと味がしますぅ・・・




お前がイヤラシイからだ(笑)



戒様の含み笑いがさらに身体にしびれを呼び起こします。




うふぅぅん・・・・・




何度も・・・淫壺に頂いたり・・・口壺に頂いたりとしたでしょう?



戒様が満足して下さったのか・・・・



飯でも食うか






気が付くと1時を過ぎていました。


はい。ご用意している間に・・・シャワーでもされますか?


ああ


戒様は頷かれ・・・タバコをくわえられました。



私はひざまずいてお煙草に火を付けさせていただきました。


戒様が一服している間に、ボディーソープを用意・・・

これは匂いがないボディーソープなのです。
戒様専用ですw


お風呂にそれをご用意して・・・床に熱いお湯を撒きました。



戒様・・・ご用意整いました。




さて・・・今日はここまでです・・・

本当になかなか書けなくてごめんなさい(;´Д`A ```

2010.06.27 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。