FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今年ぞろ目の私・・・
そろそろ・・・体力の限界が・・・(/TДT)/あうぅ・・・・



♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡




パクッと・・咥えようとすると・・・戒様は私を引き離した。



??泣??


戒様は私をご覧にもならない・・・
すくっと・・・戒様はお立ちになって・・・

ベットにゴロンと横になられた。

私は・・・戒様から見えないリードで引っ張られているよう・・・

足元からベットにあがり・・・御棒をパクン・・・

戒様の香りが口の中に広がり・・・涙が出そうになる。

戒様の御棒に・・・ゆっくりと舌を這わせた。

こういう時間・・・永遠に続けばいいのに・・・

戒様の御棒を味わいながら・・・いずれ来る時の終わりを思うと悲しくなる。

そんな事を考えながら御棒を・・・
頭をスライドさせながら舐めていた。。。


と・・・

戒様の御手が・・・私の髪を掴んで引き寄せる。


グッ!!

呼吸が苦しくなる・・・

思わずそれ以上入らないよう頭に・・・首に力を入れてしまう。

戒様のお力を・・必死に止めていた。



フン・・・


戒様は・・・鼻で笑われたのか??


と・・その時・・・

下から戒様の腰が思いっきり突き上がってきた!!



ぐぅぇぇぇっ!!!!!


私の喉が思わず悲鳴を上げる。

そんな私に戒様はかまわず腰を突き上げられた。




必死の抵抗を試みる私・・・

もちろん戒様のお力に叶うわけもなく・・・


ジタバタしている私を戒様は片手で押さえつけた。




喉の奥に戒様の御棒が当たる。


ぐぅぅぅえぇぇ・・・


まるで動物かのような声しかでない。

胃の中が出てしまいそう・・・

でも・・戒様を汚してしまったら・・・{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~

考えただけでも恐ろしい。


必死にこらえる。




そんな攻防がどのくらい続いたのだろうか?



ふっと戒様がお力を抜かれた。


すっと顔を上げると・・・戒様は私をご覧になった。


少し寝るぞ



また・・戒様の聖液を・・・お出しする事が出来なかった・・・


私は・・・泣きそうになる・・・


どうして・・いつまでたっても駄目なのだろう・・・・・


だって・・・胃の中を吐いてしまったら・・・

だって・・・


あぁ・・言い訳ばかり・・・駄目な私・・・



かなり凹みながら・・戒様のお傍による・・


1時間たったら起こせ


そう仰ると・・戒様はいびきをかきながらお休みになった。


寝過ごすわけにはいかない・・・


一応・・携帯のベルをセット。

戒様にそっとお布団をかけた・・

もう戒様は夢の中・・・

そっと・・・・御許可のないまま・・・お傍にもぐりこむ。

戒様の体温で・・・温かい・・・

暑いくらい・・・・

足だけお布団の外に出した(笑)


ドキドキする・・・

もう・・・5年もたつと言うのに・・・

心臓が口から出そう。。。


戒様のぬくもりを感じながら・・・今日お話し下さった事を考えた。

戒様は強制はされない・・・

お前が決めろと仰る。

こうしろ・・・と仰ってほしい時もあるが・・・

道しるべは必ず付けてくださる。


そんな事を考えていたら・・一時間はすぐにたってしまった。


携帯のベルにあわてて戒様を起こす。


戒様は少し寒いと仰った。


最初に少し熱めに入れておいたお風呂を見に行く。


ちょうどよさそう・・・


戒様・・・今日は湯船におつかり下さい。
ちょうどよい湯加減ですから・・・・
身体が温まれたらお洗いしますので・・・




戒様は頷かれ・・・お風呂へ・・・

私は片づけを少々してからお風呂へ向かう。

久しぶりにゆっくりと湯船につかられる戒様。

私は身体に熱めのシャワーをかけて・・・床にさらに熱めにお湯をかける。

出られたときに・・冷たいとまた冷えてしまう。


そして・・・スポンジに持ってきたボディー石鹸を付けた。









って・・ごめんなさい・・・今日はここまで・・・


あまりエッチな感じじゃなくて・・ごめんなさい。


では・・帰ります。

2011.02.21 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。