FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
戒様は頷かれ・・・お風呂へ・・・

私は片づけを少々してからお風呂へ向かう。

久しぶりにゆっくりと湯船につかられる戒様。

私は身体に熱めのシャワーをかけて・・・床にさらに熱めにお湯をかける。

出られたときに・・冷たいとまた冷えてしまう。


そして・・・スポンジに持ってきたボディー石鹸を付けた。

戒様はそんな私をご覧になると、湯船からおでになりました。

ひざまずいている私の前に戒様は仁王立ちになられました。

泡の付いたスポンジで・・・私は戒様の御首からゆっくりと洗い出します。

広い戒様の胸・・・背中・・・何もかもが大切で私の宝物・・・

ゆっくりと・・・足先まで洗うと・・・手にボディーソープを取りました。

もちろん・・・手で洗わせていただくのは・・・御棒とお尻(///∇//)テレテレ

御棒をゆっくりと両手で包みこんだ。


戒様は足を肩幅にお開きになり、黙って立っておられる。

泡をゆっくりと満遍なく付け、隅々まで洗わせていただく。
それから・・・前から手を差し入れ・・・お尻の方までゆっくりと洗わせていただいた。


少し熱めに設定したシャワーを・・・戒様の全身にあてた。


戒様の御身体を洗い流すと、外にあったバスローブを手にして・・背中を拭かせていただいた。

前も同様に・・・


戒様がお出になって、私も少し身体を洗って出た。

下着をつけ・・・服を整えて御前にでると、戒様は少し冷えたカフェオレを手に煙草をくわえられていた。


戒様・・・



戒様は煙草を消されると、

そろそろ行くか




あぁ・・また・・・逝って頂く事が出来なかった・・・
シュンとしている私をご覧にもならずに御着替えをされている。


(ノ_-;)ハア…・・駄目な私・・・


あわてて私もバックに全ての物を詰め、化粧で顔を整える。

出来るだけ・・暗い顔を見せないように明るめにチークを入れた。



戒様と共に、いつもの場所に戻る。


気を付けて帰れ


はい。。。戒様も・・




いつものように・・・戒様のお車が消えるまでお見送りする。

一秒でも多く・・・戒様を見つめていたいから・・・








いつになったら・・・もっと立派に奴隷になれるのだろう。
情けなさに・・・車に戻り・・・大声で泣いてしまった。




















最近は私もお勉強もままならなくなってきています。
色々と遅くなってしまってごめんなさい。

また頑張りますのでよろしくねw

2011.02.27 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。